テーマ:農業

【こしいぶき】はコシヒカリの曾孫

約800種類もの交配組合せの中から選抜され、ひとめぼれ(母[祖母コシヒカリ])、どまんなか(父)として誕生、食味はコシヒカリ並みに極良で、色、味、つや、香り、粘りなどコシヒカリの血統をしっかりと受け継いでいます。しっかりした食感は、若い人たちや育ち盛りの子供たちにぴったりですので、若いお米こしいぶきは、コシヒカリとは一味違う食感から、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北の晩秋

同じはざでも、この方法は主に東北地方に多く見られる。間伐の杉等をを利用して、刈り取った稲を乾燥させる。北の故郷では「たも木」等の立ち木を利用して乾燥していました。新潟市岩室夏井のはざは、風物詩として有名で、今でも多くの写真家が訪れて写真を撮り、劇団民藝所属の女優日色ともゑさんもこの地を訪れて田植えや稲刈りをされるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新米コシヒカリ

朝方の冷え込みで、隣の布団を引っ張りたくなる季節となりました。北の場合、若干体温が高めなのか、夏場の気温の高い季節は寄り付かない妻が、足を押し付けてくる「俺はアンカか!!」と言いたいところだが、反撃が怖いので、なされるがまま・・・・。秋刀魚、鯖、鮭、マツタケ、新米コシヒカリと秋の味覚が目白押しで、太る要素は過ぎるほどに揃っている。胡瓜や…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ハラミについて

「吉野家牛丼1日復活。」について 今更青さかなを食べても、頭が良くなろうはずも無い。 元来肉大好き人間ですから、鳥・豚・牛・その他、なんでも好きです。 食べ方も、焼く・炒める・煮る・ゆでる、なんでもokです。 ハラミはかなり前から焼肉屋さんで食べていました。 安くて美味い!!ロースやカルビを食べるよりも「ハラミ」でした。 彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賞品は新潟コシヒカリ

「プレゼント発見」について ブレンドされていない、産地直送の本物の味をお試し下さい。 http://kosihikarino1.com/postmail/postmail.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more