テーマ:風景

諏訪様は全国津々浦々に・・その総本山?

神社も本山というのかな?? 田舎の実家には諏訪神社があり、春になると(4月26日)祭りが執り行われる。 田おこし(耕運作業)が終わって、代掻き前の休息と、その年の豊作を祈っての祭事だったのでしょう。注連縄を新しいものに取り替えて、青年団が灯篭を新しく書き換えて奉納して、のぼりが薫風にたなびいていました。桜の花も丁度見ごろになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波路はるかに

国道134号線湘南海岸からの展望。遠くに江ノ島がみえる。 この季節は、道路の渋滞もないので、日曜日とは言ってもスムースなそうこうでした。 海の季節になれば、海はイモ洗い、道路は数珠繋ぎの湘南。それでもそこに行きたいのは、単なる野次馬かはたまた好奇心か?小生としては、のんびりと昼寝でもしていた方が・・・・「やっぱりおじさん」かな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不夜県にあった城

歓楽街の代名詞に「不夜城」と言う言葉がありますが、それが中国の城の名前であることは「肉体労働者」の小生には知る由も無い。夜、光り輝いている巨大な建造物の全てがそれに当たるかどうかは置いといて、インドのマハラジャも不夜城状態だったのでしょうか。 ディスコのそれは一世を風靡した。今時の若者には既に死語化したこの存在を知っている人も少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六本木ってどんな所??

今も昔も六本木は日本の最先端の街のようです。 ジャガイモの会で出会って結婚した三人娘の一人のだんな様の初婚のお相手も「六本木族」だったようです。 昭和34年の頃です。それは「日本教育テレビ」が六本木に出来たことにより、その関係者(芸能人)が集まりその追っかけで若者が集まったようです。その局は現在の某テレビ局「テレ○日」と言うから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクアラインの展望

開通当初の「アクアライン(川崎市から木更津市までの海中道路)」は大賑わいだったが、あれから何年か過ぎたら、道路は貸しきり状態でした。 海上に設けられた駐車場(うみほたる)も閑散としていました。 ゼネコンを生かすための無駄な投資、公共事業だったのでは?? 360度の展望はさすがでした。特に夜景は見る価値ありです。夕日を撮影するカメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法の下における平等とは???

法治国家日本の「法の下における平等」がどの範囲までを指すのか今一ハッキリしない。しない方が都合が良いのかもしれない??????? 日本の歌謡曲の代表は「演歌」だと思うのですが、その多くの別れの歌は北、つまり北海道の方向に向いて動くさまを歌詞に盛り込んでいます。 美空ひばりの別れた旦那様の歌に「北帰行」がありますが、昭和30年代に哀愁…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北国の冬

初冬の風景です。これから3月まで東北北海道の山々は日をますごとに白さを増して行きます。 でもそこに住む人たちの心の温かさは、寒さの厳しさを知っているだけに、何よりもあったかい!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境破壊への気配り

家庭ごみの分別が行われるようになってから久しい昨今です。 それまでは、焼却するのがもっとも手っ取り早い処分方法でした。 産業廃棄物処理業者の多くはこの方法か、もしくは埋め立ての手法で、多額の利益を手中に収めたはずなのですが、何故かその多くは計画倒産?してしまって、その尻拭いに税金が使われていることは否めない事実です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯布院温泉”花の庄”

「となりの平湯温泉」について 名前からして温泉らしいですよね、ゴルフの後に「ひと風呂浴びて、綺麗どころに囲まれて・・・・」なんて・・・。 同じ浴びるでも「さっさと仕事しろ」小言を浴びせられるのが落ちです。 年末の最終だったものですから、女将さんが新年の準備中でした。日帰り入浴で、アァ~~気分キブン 百平米をこえる大浴場…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美術館と工事現場の物置

「曲渕ダム湖 その2」について 福岡の水がめですか、現場には北海道から沖縄までまわりますが、トンネルがメーンです。 ダムにはほとんど行きません。 建設から、50年もするとダム湖に土砂が堆積して、水量を確保できなくなるので、その対策にトンネルの技術が利用されるときには、出番があります。 ぽんぽこさんの写真は美術館が似合います…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more