セイダカアワダチソウとブタクサ

画像セイダカアワダチソウブタクサと同じと勘違いされて、工事現場の法面への採用が拒否されている。どちらも外来種であるが、セイダカアワダチソウは風では花粉が飛ばないのでミツバチが受粉させる、つまり蜜が採取できるのである。当然養蜂家は栽培面積の増加を希望するが勘違いされて「花粉症の元凶」のレッテルが貼られているために、伸びないのが実情である。根から特殊な発芽抑制成分を出すために、ほかの雑草が繁茂できないので、使い方では優秀な草なのであるが。しかし、ススキとは相性が良いようで、同棲してるのが多く見られる。
セイダカアワダチソウとブタクサに関連する情報の書き込みをお願いします。

"セイダカアワダチソウとブタクサ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント