【真紀子節】

画像久しぶりの【真紀子節】が日本列島に鳴り響いた。安部新総理を「同期の桜」と呼び、再開を喜び合って?いるかに見えたが、本音は如何なものか。角福戦争(田中角栄と福田赳夫)の延長線上に二人の関係が存在するから【坊主憎けりゃ袈裟までも】なんて勝手に思ってしまいました。1972年のポスト佐藤の闘争からの因縁であるから、そのうらみつらみは計り知れない。北朝鮮で攻めるよりも、総理の訪中は目前であるのだから、むしろルートもある中国問題に焦点を絞った方が質問としては意義があり田中議員の評価が上がったような気がする。綿々として尽きない「長州武士」の血は、歴史的にも雪国のそれとは違うような気がする。

"【真紀子節】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント