事故が起こらないほうが不思議!!

画像仮に人口の二人に一人くらいの割合で国内に自動車が登録されているとして、その百分の一台が実際に道路を走ったとしても、じつに百三十万台もの車が国内の道路を走行していることになる。特に、東京、大阪、名古屋の三大都市では車両集中も大きく、渋滞は日常茶飯事である。
当然、自動車事故も比例して多くなるのであるが、愛知県は連続ワーストワン記録を更新中?
先月25日に起きた福岡のRV車転落事故は、幼児三人が死亡する、飲酒運転による痛ましい惨事であった。
飲酒運転に対する罰則が「罰金30万円」に引き上げられてから、しばらくの間その種の違反は減少していたが【喉もと過ぎれば熱さを忘れ】で、最近は増加傾向にあるようです。
この罰則は、同乗者や飲食店などが酒を提供した場合も「ほう助」の罪で罰せられる。
ゴルフコンペの帰り道で、飲酒運転のマイクロバスが総額750万円の罰金を支払ったという、記事を見たような??
もちろん、金銭で解決できる問題ではないが、このことから見ても罰金の厳しさはその種の事故の軽減につながることは事実である。

"事故が起こらないほうが不思議!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント