船旅

画像食欲の秋・行楽の秋・読書の秋・夏の恋・・・の秋。近年旅といえば「海外」が定番のようですが、確かに国内旅行よりも海外のほうが、安い予算で堪能できる面もあるようです。北は今回、大阪のかもめ埠頭~宮崎に向かいました。これまでは、大分か新門司港で下船していましたから、宮崎港は初めてです。かもめ埠頭発17:30宮崎港着翌08:20(今回は10分遅れ)
船賃:140,880円(超肥満体だから、特殊です。5メートル未満の乗用車運転手込みで¥28,600円)陸路の疲労や経費を考慮すれば、かなりお得かと思います。
これまでのフェリーと違うのは、ドライバー専用レストランがあることです。当然一般乗船者は立ち入り禁止です。
そこで、その様子を若干紹介させていただきます。
公には公表していないようですが、飲み物や食事の持込が出来ることです。以前にも書き込んだことがありますが「食事が値段の割りに良くない(特にご飯)」のが、フェリーの相場です。乗船前にコンビニやスーパーで買って持ち込めば、好みの飲食を出来るわけです。電子レンジや氷の準備もありますので、冷たい飲み物も飲めます。愛煙家も多く、レストランでは禁煙ですがこちらでは大丈夫です。【一般者入場禁止】の張り紙はありますが、それらしい雰囲気の持ち主なら??????
【次は「トイレ」について考察します、お楽しみに】

"船旅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント