【こしいぶき】はコシヒカリの曾孫

画像
約800種類もの交配組合せの中から選抜され、ひとめぼれ(母[祖母コシヒカリ])、どまんなか(父)として誕生、食味はコシヒカリ並みに極良で、色、味、つや、香り、粘りなどコシヒカリの血統をしっかりと受け継いでいます。しっかりした食感は、若い人たちや育ち盛りの子供たちにぴったりですので、若いお米こしいぶきは、コシヒカリとは一味違う食感から、今後大いに期待できるお米です。時代の先取りしてみませんか。特に関東圏ではJA全農の宣伝効果の影響も大きく、コシヒカリからリーズナブルなこしいぶきに乗り換えるお客様が増加しています。こしいぶきはコシヒカリよりも10日ほど早く収穫でき、秋早くにお客様にお届けできます。新米の先取りはこしいぶきから始まります。
現在新潟県で7,000ヘクタール以上にも作付けされ、14年産から自主流通米価格形成センター(現:全国米穀取引価格形成センター)に上場、市場評価が注目されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック