高架橋、建設現場

画像

NHKの「週間子供ニュース」にまでも紹介されるほど人気の?「官制談合」の実態は、政府も手の施しようがないのか。
現役中にその立場を利用して業界と太いパイプを作っておき、退官後の天下り先を決定しておく手法は、昨日今日の出来事ではない。
大学なら「東大」と言う選択肢は、卒業後は国家公務員、それも事務官を目指して勉強に明け暮れる青春を送るわけです。入庁後は、年功序列のエレベータに乗って、先輩のなすがままを真似て、偏った青春時代のお陰で、その良し悪しも判断が出来なくなってしまう「マヒ」した感覚が、官制談合を産むような気がする。
写真は、関西の高速道路工事現場であるが、記念に一枚写してきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック