夜のトンネルにおける証明

画像
「私はようやく人生のトンネルを抜けることが出来た」とか申しますが、このことは「トンネルの中が暗くて先も見えない」ことに繋がるようです。
しかし現在のトンネルの多くは、写真のようにナトリューム灯を使用しているために、かなりの老眼の人でも新聞が読めるほどの照度がある。
しかし、通常は省エネのために半分以下の点灯に制限しているために、かなり暗いのが実態である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月09日 11:15
北さん半年以上もトンネルに入りっぱなしでしたか?
風のうわさでは「お勤めに行った」「彼女と逃げた」「死亡説」いろいろでしたが・・・・・。
元気でなによりでした。
きた
2005年12月10日 00:41
南 殿
今晩は、北海道ではどんな風が吹くんですか?
風潮被害を申請しなきゃ・・・・・・
チョットお休みしただけです。
ソーダ水
2005年12月12日 22:27
数年前通った、白山麓の村(今は合併して市ですが)に続くトンネルは、古くて薄暗くて晴れてるのに天井が湿ってて、今にも崩落しそうでとーっても怖かったです。
そんなトンネルを潜って市街地に通勤する村人もいらっしゃるんですけどね。慣れるものなのか、肝が据わるのか。
きた
2005年12月14日 19:33
ソーダ水殿
トンネルはめったなことでは崩壊しません。
長崎のめがね橋は、身近で理解しやすい材料です。つまりうえからの力(重力)を左右に分散させることで、その形を維持できるようです。
何処かの怪しいマンションよりも数倍安全です。
>慣れるものなのか、肝が据わるのか。
>
慣れでしょう!!
ソーダ水さんも、いつもの彼となら「安心して全て任せられる」でしょう。
ところが、突然小生とデートともなれば、落ち着いてラーメンなんか食べられないでしょう(音を出さないように、口紅が取れないように・・・・)
慣れって怖い????

この記事へのトラックバック

  • 53ff1db4e6

    Excerpt: Finally I found you friend.<a href=\"http://53ff1db4e6e3.info\">53ff1db4e6e3</a> Weblog: 53ff1db4e6 racked: 2006-09-06 09:36