雪道の運転あなたは大丈夫ですか?

画像
雪道の移動では時間が読めないのが普通である。
事故・吹雪・を機縁とする渋滞は日常茶飯事。デートの待ち合わせで、相手が遅れたからと言って苦言を申し立てたらキリが無い。むしろ事故の当事者にならなかったことを喜ぶべきである。
専用路線のJRですら遅れるのだから、公道を走る車が遅れてごく自然ななり行きなのである。
雪の降り始めで、けっこう怖いのは対向車のタイヤが跳ね飛ばすシャーベット状の雪です。一瞬ではあるが跳ね飛ばされたシャーベットで前方の視野が妨げられるので、ブレーキを掛けたくなるが、むしろアクセルから足を離して惰性で走行したほうが安全かに思う。既に皆様お気づきのように、ブレーキで事態を避けようとするとスリップして方向が定まらず、事故にも至ることが多くの事例で証明されている。このことは、雨降りの走行時の場合も同じである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月08日 16:19
本当に怖いですね。
きた
2005年12月08日 18:38
simite-2 殿
北海道の雪は本土のそれとはかなり違う。
第一に燃料が凍りつくんですから(経験はありません)。
大先輩が申しておりました。北海道に渡るときには、燃料タンクは半分以下にしておいて、フェリーを降りたら最寄のGSで満タンに補給しないと、ガスエンコ状態になるから気をつけろ!!
当時は「そんな馬鹿な??」燃料が凍る????でしたが、現地で聞くと全くそのとおり。
市街地ならいざ知らず、峠でそのような事態に至ったら、即!死に直結ですね。
北海道もくまなく走らせて頂きましたが、オロロン街道の景観は今でも脳裏に焼きついて離れません。
2005年12月09日 09:16
きた さん
最近は燃料が凍った話は聞きません。ガソリンの質が悪くタンクの下に水が溜まった頃は良くありました。
H・Pにもお邪魔しています。お仕事との係わりが伝わって素晴らしいですね。
これから冬期間、お体を大切にお過ごし下さい。
きた
2005年12月09日 10:55
simite-2 殿
>ガソリンの質が悪く
>
ガソリンは凍らないでしょうが、軽油も粗悪なものは凍るらしいです。GSの従業員が申しておりました。対策として「灯油」に近いものを混ぜて使うそうです。※灯油は道路税が含まれて居ないので公道では使用できない。

北の尋ね人の方は、最近手抜きで全く更新していません。
定年後になりそうです。

北海道はこれから長い冬の季節、クレグレモご自愛下さい。

この記事へのトラックバック